シズオカ×カンヌウィーク2018

シズオカ×カンヌウィークとは

静岡が映画とフランスに染まる16日間
「シズオカ×カンヌウィーク2018」へようこそ!


姉妹都市である静岡市と仏・カンヌ市。
そんな不思議な縁をきっかけに「シズオカ×カンヌウィーク」は生まれました。
今年で9回目を迎えます。「シズカン」の愛称も浸透してきたでしょうか?

シズカンといえば、日本一素敵なマルシェと日本最大級の野外上映。でもそれだけではありません。
これを機に映画や文化芸術、そして静岡市の魅力を再発見していただきたいと思います。

海を越えて、カンヌとの距離がぐっと縮まるこの季節がやってきました。
5月の静岡は、いつもとちょっと違います。

 

静岡×フランス・カンヌ市

1989年、フランス・カンヌ市が日本の自治体との姉妹都市提携を希望し、
特に東京に近くて海岸を持つ都市を望んでいたことから、静岡市は前向きに検討を進め、
1991年に提携を正式決定したことが両市の関係の始まりです。
同年11月、ミシェル・ムイヨーカンヌ市長一行が来静し、姉妹都市提携調印式が行われました。
翌年6月には、静岡市長を団長とする親善使節団約120人がカンヌ市を訪問し、市民交流の第一歩を築きました。